誹謗中傷行為を減らすのに効果ある敗者への心遣い

インターネットで目の前にいない人に勝手な文章を送りつけて傷つけてしたり顔でにんまりしている人が増えているそうですが、こうした誹謗中傷行為は相手にダメージを与えている以上に本人の心を蝕んでいるといわれています。しかしながら、こうした行動をとり続けている人が自分のすぐ脇に知らん顔をして暮らしているかもしれない社会がネット社会の負の側面です。我々は毎日の生活にインターネットを使わずに済まされない時代に組み込まれていますから、誹謗中傷される場面に遭遇することも考えて生活していかざるを得ないと心の準備だけをしておくことが肝要のようです。現実の社会では経済的な貧富の格差が教育格差にまで広がるにつれてこの陰湿な社会環境がひどくなっているといわれますから、誹謗中傷する人を根絶することは無理だと割り切りましょう。仮に、自分を中傷するメールが届いても余り悩む必要はないわけです。但し、誰もが仕事や学校の勉強だけでなく、日常生活していく上で様々な競争を繰り返しながら成長していく社会に暮らしているわけですから、勝者になっても敗者に対する心遣いの気持ちだけは忘れたくない点です。

インターネットで誹謗中傷を受けた時の対策

遠くに住んでいる人同士でも、同じ趣味や話題で集まることができるインターネットは、とても便利なコミュニケーションツールです。しかし、中には、SNSや匿名掲示板に悪意ある書き込みをして、人を傷つけようとする人もいます。悪意ある書き込みによって、特定の個人を公に誹謗中傷した場合、その人の名誉を著しく傷つけることになります。近年、インターネット内でのトラブル、犯罪が増えてきたことも受け、一方的な誹謗中傷の書き込みを禁止するシステムや、取り締まる法律も増えました。システムでは、匿名掲示板やSNSのサービス提供者が、ユーザーによる報告で書き込みを削除したり、悪いユーザーの使用を停止したりすることが一般的です。法律では、例えば、特定のユーザーへ悪口を書く、一方的に嘘つき呼ばわりをする、個人情報を誹謗中傷とともに掲載する、などの事案は、名誉毀損や侮辱罪などにあたることがあります。ちなみに、これはハンドルネームを使っていたとしても適用されます。自治体で無料の法律相談会を設けている所もありますので、ネット上で困ったり、傷ついたりしたら、相談に行ってみましょう。

誹謗中傷対策を考えておこう

ネットモラルが問われる時代となってきています。大人でも、誹謗中傷をする人が増えてきているため、SNSを利用する人などは注意が必要です。ネットで誹謗中傷に遭ってしまうと、それが原因で精神的苦痛を感じてしまうことも少なくありません。また、相手が誰か分からなかったり、相手の顔が見えなかったりするからこそ、厄介なところがあります。特に、SNSを楽しく利用したいという人は、利用前に対策を考えておくことが大切です。第一に、知人だけしか利用できないように設定することをお勧めします。それから、あまり目立つような発言は避けるべきです。目立っている人は他人から攻撃されやすくなるからです。それでも誹謗中傷に遭ってしまうという場合には、そのサイトの管理者に助けを求めたり、弁護士といった専門家に相談してみたりすることをお勧めします。